Rentalmeetingroom Tokyo

月々の固定費削減に東京の貸会議室を活用しよう

高層ビル

会社の業績が思わしくなくなると、なるべく経費を抑えるために、人員の削減と共にオフィス賃料のような固定費も減らす必要に迫られます。今まで、会議室スペースを備えたオフィスに入居していたのであれば、次は会議室が最小限、あるいは無しの物件を選ぶことも検討してみましょう。東京であれば、会議室のないオフィスを使っていても、便利なところに沢山の貸会議室があるので、それを上手く利用してみてはいかがでしょうか。
同じことは、これから起業を予定している人にも言えます。起業の場所として東京はとても恵まれたところですが、オフィス家賃の負担は、新人の起業家にとってはやはり大きなネックになります。小さめのオフィスを借りて、会議はもっぱら貸会議室を利用する方針であれば、貸会議室を使った分だけ臨時の出費をするだけで済みます。あるいは、自宅で仕事が出来る場合は、オフィス自体を借りずに、クライアントや関係者と打ち合わせが必要な場合だけ、貸会議室を活用するという方法もあるでしょう。
どんな立場の方であれ、月々のオフィス賃料という重い固定費を削減して、限られた資金をより自由に使えるようにするために、東京の貸会議室はとても役に立つはずです。

東京で貸会議室を借りる場合にチェックしたい基本ポイント

自社オフィスが、東京でも比較的交通アクセスのいい場所にあるなら、近くに貸会議室を見つけられる可能性が高いです。日ごろ、自社オフィスの会議室が不足して、打ち合わせの場所探しで困っている会社は、東京には沢山あります。そのような状況なら、付近にどんな貸会議室があるか調べてみて、部屋が取れない場合は貸会議室を利用するという全社的な方針にしてみてはいかがでしょうか。
使いやすい貸会議室をおさえるための基本ポイントはいくつかあります。自社オフィスから行きやすい場所にあることが一つですが、他には、使いやすいサイズと料金かどうかも大切です。自社で頻繁に開催される会議の参加人数が平均でどの程度かをチェックして、その人数で問題なく使えるサイズの貸会議室を探しましょう。また、オンラインで参加するメンバーがいる、オンラインで資料共有して会議を進めることが多いようであれば、インターネット接続が出来るタイプを選ぶ必要があるでしょう。
会議室不足の会社では、よく、会議室を予約した社員同士の間で、譲ってもらうため、時短で使用してもらうため等の交渉が行われるものですが、東京に沢山ある貸会議室を活用することにすれば、そのような面倒も解消できます。

東京には飲食可あるいは飲食店が近くに多い貸会議室も沢山ある

ミーティングは、予想外に長くなることがあります。当初の予定では1時間で終わるはずが、議論が白熱して結論が出せず、結論が出ないとアクションが取れないということで、やむを得ず延長線になったりします。東京で貸会議室を予約する際には、会議が延長になった場合に備えて、予約時間を少し長めにしておく方が好都合かもしれません。
会議が延長になりそうな場合、貸会議室の予約時間を長めにとっておくことに加え、飲食が出来ること、あるいは、付近にコンビニや飲食店が多い貸会議室を選んでおくのもおすすめです。東京は貸会議室の絶対数が多い分、そのようなタイプの部屋も沢山あります。
午前中に開催されるミーティングの場合、長引くとお昼に突入してしまうことがよくあります。そんな場合は、飲食可の貸会議室なら、近所のコンビニで休憩時間にお昼を買ってきて、食べながら議論を続けるという対応が可能になります。また、会議が丁度昼に終わった場合は、空腹のまま会社に戻るよりも、貸会議室付近ですぐにランチを食べられる方が、参加者にとってもありがたいでしょう。
東京では、このような、参加者の食事のニーズにも応えられる貸会議室が沢山あります。都合に合わせて、積極的に活用しましょう。

更新情報

ニュース一覧